乃木坂46 メンバー紹介

【乃木坂46】賀喜遥香 が明かした「不登校・いじめの過去」救ったのはあのメンバー (かきはるか)

乃木坂46賀喜遥香 20歳の目標を語る|日テレNEWS24

(引用:https://www.news24.jp/articles/2021/03/01/08831756.html) 

今回は乃木坂46の4期生賀喜遥香(かき はるか)さんが明かした「学生時代の不登校・いじめ」について紹介。

乃木坂46加入後、24thシングルから4作品連続で選抜メンバーに抜擢。

センターを務めた「I See...」が大ヒットし勢いに乗る賀喜さんは乃木坂46を背負うメンバーの1人として期待されています。

そんな賀喜さんですが、乃木坂46加入前の坂道合同オーディションで「小学校時代に不登校気味だったこと」をShowroom配信で明かしています。




賀喜遥香は小学校・中学校いじめで不登校を経験

ソース画像を表示

(引用:乃木坂46公式ブログ)

賀喜さんによると小学校時代にいじめを受け、不登校気味になった経験があるそうです。

いじめは中学校に進学しても続き、悪口を言われることばかりだったと語っています。

中学校時代は所属していたバスケ部の仲の良い友達ができたことで登校を続けられたそうです。

いじめの原因は明かされていません。

番組では「お前の眉毛45度」という嫌なあだ名を付けられたことも紹介。

賀喜さんのかわいらしい容姿に嫉妬し、悪口などのいじめが起こったのですかね?

「かわいらしいルックスを持っていればスクールカーストの上位でいじめには無縁」と思う人が多いかもしれませんが、そうではないんですね。

 

賀喜さんを救ったのは白石麻衣さん

乃木坂46の4期生・賀喜遥香、はじめての“ひとり新曲PR”行脚 | ORICON NEWS

(引用:https://www.oricon.co.jp/news/2141959/full/

そんな賀喜さんを救ったのは乃木坂46卒業生の白石麻衣さんでした。

白石さんは出演した「アナザースカイ」で中学生時代にいじめを受けたことで不登校気味であったことを明かしました。

アナザースカイを見た賀喜さんは

「自分も白石さんみたいに頑張れば輝けるのかな」と感じたそうです。

そして、Youtubeで乃木坂46についての動画を見るように。

動画を見る中で、乃木坂46メンバーが自分と同じ経験していることを知ったそうです。




乃木坂46で叶えた将来の夢

乃木坂46>遠藤さくら&賀喜遥香「メンバーの一人として貢献できたら」献血への協力を呼び掛け | WEBザテレビジョン

(引用:https://thetv.jp/news/detail/221178/

賀喜さんが坂道合同オーディションにて将来の夢は「人を笑顔にする職業につくこと」と語っています。

そんな素敵な夢を叶えるべく、坂道合同オーディションを受験。

約13万人の応募から39名の合格メンバーを掴み取りました。

(ちなみ3期生の時は約5万人の応募)

2018年11月に乃木坂46への配属が発表。

現在は乃木坂46の未来を担うメンバーの1人として活躍しています。

 

まとめ

まとめ

  • 賀喜さんは小学校、中学生時代にいじめを受けて不登校気味だった
  • 白石さんのアナザースカイを見て救われた
  • つらい経験をしたからこそ人を笑顔にする職業に就くことを決意

乃木坂46に加入し、「人を笑顔にする職業に就く」という夢を叶えた賀喜さん。

乃木坂46加入後、4期生のおねえさん的ポジションなのは過去の経験から人の心によりやさしく寄り添えるからなのではないかと思いました。

これからより一層輝くこと間違いなしの賀喜さんを応援していきましょう。




-乃木坂46, メンバー紹介
-

© 2021 坂道ベース Powered by AFFINGER5