乃木坂46 メンバー紹介

乃木坂46の人気は落ちた?オワコンなのか?徹底検証

日本レコード大賞も受賞し、国民的アイドルとなった乃木坂46。

しかし、最近は1期生、2期生の相次いで卒業し、世代交代が着実に進んでいます。

「乃木坂オワコン」「乃木坂人気落ちた」「乃木坂終わった」などの言葉を目にすることも...

今回は「乃木坂46がオワコン」などと言われてしまう現状や理由、これからの活躍が間違いない次世代エースたちを紹介していきます。




乃木坂の現状はオワコンなのか?

国民的アイドルグループ乃木坂46。

乃木坂46が「オワコン」と言われる理由は大きく2つであると考えます。

  1. 急激すぎた世代交代
  2. CDの売上が下がった

急激な世代交代

2021年8月21日で結成10周年

2022年2月22日でデビュー10周年

と節目を迎えています。

女性アイドルグループはジャニーズなどの男性アイドルグループと比較してメンバーの入れ替わりが多いのが特徴。

節目を迎える乃木坂46も近年は多くのメンバーが卒業。

2018年には生駒里奈西野七瀬

2019年は初代キャプテン桜井玲香

2020年はグループの顔であった白石麻衣

直近の2021年は長年グループを支えた1期生の松村沙友理高山一実生田絵梨花や2期生の堀未央奈までもが卒業。

一般層にまで顔と名前が認知されているメンバーの卒業が続いている。

世代交代自体は2018年の20thシングル「シンクロニシティ」頃から世代交代はスタート。

21stシングル収録の「空扉」のようにフロントを3期生のみにするなどの試みもあった。

しかし、1期生人気メンバーの人気や卒業センター、ソロ曲が相次いだことで中々世代交代は進ます、、、

コロナウィルスでの活動休止も足かせに。

2020年の白石麻衣さんの卒業や2021年の卒業を受けて、急激に世代交代が促されることに。

急激に世代交代が進んだことでお茶の間の方には中々名前と顔が一致しないなんてことも。

テレビで乃木坂46を見ても「名前がわからない人」ばかりなのが「オワコン」といった風潮に繋がっていると考えられる。




CDの売上が下がった

「オワコン」「人気が落ちた」と言われる大きな要因がCDの売上低下。

CD売上の減少の理由は間違いなくコロナによる握手会ができないことだ。

コロナ以前のCD売上TOP3はこんな感じ

シングル番号 タイトル 売上
22nd 「帰り道は遠回りしたくなる」」 約137.5万枚
21st 「ジコチューで行こう!」 約133.0万枚
20th 「シンクロニシティ」 約132.0万枚

(引用:https://w.atwiki.jp/orideta/pages/138.html

乃木坂46がコロナウィルス蔓延後発売したシングルのCD売上はこんな感じ

シングル番号 タイトル 売上
26th 「僕は僕を好きになる」 約71.6万枚
27th 「ごめんねFingers crossed」 約69.2万枚
28th 「君に叱られた」 約62.0万枚

(引用:https://w.atwiki.jp/orideta/pages/138.html

CD売上はピークの22ndシングルと比較すると半分以下となっている。

私はオンライン握手会とリアルの握手会のどちらにも参加したが、オンラインでは多くのメンバーに回るのが困難。

👇乃木坂46の歴代シングルの売上やフォーメーションは関連記事をチェック👇

以前はAさん、Bさん、Cさんと3人の握手券を購入していたファンが

いまではAさんの1人のみの握手券しか買わないような形に変化。

 

また、リアルの握手会では誰でもCDを購入して、握手券をもっていれば握手ができた。

しかし、オンライン握手会ではCDを購入しても抽選に当たらなければならない。

 

CDを何も考えずに買っていた以前とはだいぶ状況が異なっている。

そういった結果としてCD売上が激減している。

こういった事情を一般の方は知る由もない。

「CD売上減少=オワコン、人気が落ちた」

といった風潮が生まれている。

再開されることは非常に難しいとは思うが、握手会が再開されてしまえば、CD売上はもとの水準近くまで戻ると考えられる。

次世代エースたち

「オワコン」「人気落ちた」と言われる乃木坂46であるが、多くの逸材が控えている。

ここからは次世代エースではなく、「エース」となるべき逸材たち3人を紹介。

3期生の山下美月、4期生の遠藤さくら、賀喜遥香はセンター経験者のため、今回は割愛。

エース候補「生田絵梨花の後継者」

まずは抜群の歌唱力で「生田絵梨花の後継者」ともささやかれる3期生の久保史緒里。

名前 久保史緒里

(くぼしおり)

あだ名 くぼちゃん、しおり
生年月日 2001年7月14日
代表センター曲 未来の答え

不眠症

毎日がBrand new day

3期生の歌姫「久保史緒里」

抜群の歌唱力と演技力に定評があり、舞台関係での飛躍が見込まれる。

最大の特徴は「大の乃木坂46ファン」であること。

グループでも屈指の乃木坂愛を誇る。

4期生のセンター経験者遠藤さくら、賀喜遥香と同い年であることから今年センターを務める可能性が非常に高いメンバーの1人。

エース候補「抜群の演技力」

2人目は4期生の早川聖来さん。

名前 早川聖来

(はやかわせいら)

あだ名 せーら
生年月日 2000年8月24日
代表センター曲 Out of the blue

4期生として乃木坂46に加入した早川聖来さん。

オーディションでは誤って一度不合格になった逸話の持ち主。

演技力が高く、舞台「スマホ落としただけなのに」に主演抜擢。

オンライン握手会での対応の良さからか人気が爆発。

27枚目シングル、28枚目シングルと連続選抜入りするなど活動は順調なメンバーです。

エース候補「まあやの同級生」

名前 弓木奈於

(ゆみきなお)

あだ名 なお、ゆみき
生年月日 1999年2月3日
代表センター曲 なし

最後は新4期生として乃木坂46に加入した弓木奈於さん。

高校時代は1期生の和田まあやさんの同級生という弓木さん。

まあやさんと一緒に補習を受けていたという経歴の通り乃木坂46での頭NO王を獲得。

レギュラー出演をしているラジオ「沈黙の金曜日」でも爆笑発言を連発。

クイズ番組などの出たら逆のほうで大ブレイク間違いなしです。

今回は3人を紹介しましたが、3期生は11名、4期生は16名が在籍。

もうすぐ5期生も加入します。

世代交代が進んでいきますが、今の乃木坂46を受け入れていきましょう。




-乃木坂46, メンバー紹介
-,

© 2022 乃木坂46 まとめ ベース Powered by AFFINGER5